昨夜、突然我が家のテレビ”REGZA”(レグザ)のリモコンが使えなくなってしまいました。

7ヶ月の息子がCSボタンを押して、チャンネルが変わってから、何を押しても反応しなくなってしまいました…

結果的にはいくつかの方法を試すことで、自力で直すことができました。

そこで今回は我が家で実施した対処方法について書きます。


1.スマホアプリでテレビ側に問題がないか確認する

まず最初に、チャンネルがCSに切り替わってしまったので、デジタル放送に戻そうとしましたが、テレビ本体側の操作では、チャンネルと音量しか切り替えられないことがわかりました。

ダメ元でスマホで使えるリモコンのアプリが無いか調べてみると、東芝の公式アプリがあることが判明!

東芝の公式アプリで、テレビとスマホを同じネットに接続していれば、赤外線でなくネット回線を通してリモコン操作することができます。


便利な時代になりましたね~

このアプリで操作できたということは、本体側の故障の可能性は低いと考えました。

2.リモコンコードの設定を確認する

年末に購入して、まだ2ヶ月程度しか経っていないので、故障ではなく、なにか変なボタンを押して設定を変更してしまったのではないかと思い、説明書を読んでみると、リモコンコードという設定があるよう。

リモコンコードとは、同じ室内に2台の東芝製テレビがあるときに、一回のリモコン操作で、2台のテレビ両方が反応してしまわないように、テレビごとにリモコンを割り振る設定のこと。

ちなみにこのリモコンコードでは1と2を割り振ることができます。

なので今回の場合、考えられるのは、テレビ側はコード1の状態のままなのに、リモコン側をコード2の設定にしてしまい、リモコンとテレビ本体のコードが一致せずに、操作できなくなってしまうということ。

IMG_2602


さっそく説明書のとおりに、リモコン側をコード1に戻すために、リモコンの決定ボタンと2を同時に2秒以上押してみると、

反応なし



これでリモコンコードの設定が原因ではないことがわかりました。

3.リモコンが信号(赤外線)を発信していることを確認する

次に考えたのが、そもそもリモコンから赤外線が出ていない可能性。

リモコンの赤外線発信部をみながら、ボタンを押してみても、光っているかどうかは目視では全く分かりません。

調べてみると、スマホのカメラを通して見ると、赤外線の赤い光が見えるそう。
しかし最近のカメラは高性能過ぎて、この光が映らないため、少し性能が劣るセルフィー(自撮り)用の正面についているカメラで確認することができるとのこと。(iPhone SE使用)

そのとおりにセルフィーカメラで覗きながらリモコンボタンを押してみると、

光りません

やっぱりリモコンが正常に動作していないようです。
ちなみに我が家のタイプのリモコンは信号発信部のようなところが2箇所ありますが、正常に作動しているときは、下側の部分が光ります。

IMG_2601


4.リモコンを乾燥させる

リモコン側の問題の可能性が高いことがわかったので、家でできる最後の対処として、リモコン内部に侵入した可能性がある水分を抜くことにしました。

目を話した隙に息子がリモコンをなめていることがよくあったので、もしかしたらその時によだれが内部に侵入してしまったのかもしれません。

スマホなどの電子機器を水没させた時の対処法として、ジップロックに乾燥剤を入れて一晩置くと直るというのを知っていたので、試してみることに。

たまたま海苔に入っていた乾燥剤があまっていたので使ってみました。

こんな感じで一晩おきました。
電池のふたと電池本体は取り外して中に入れてありません。


IMG_2604


そして翌日、あまり期待せず電源ボタンを押してみると、

つきました!!!


これでダメだったら、メーカーに電話しようと思っていましたが、無事解決しました。

今後はリモコンカバーを装着して、息子がいたずらしても大丈夫なように対策したいと思います。

育児中の方は、大切なお子さんのためにも、高価な家電のためにも、いたずら防止対策を実施することをお勧めします。




こちらのワンコインで買えちゃうカバーがおすすめ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

トレードワン シリコン リモコンカバー のびーる
価格:500円(税込、送料無料) (2019/2/10時点)




買い替えを検討の方は、各社対応のリモコンがおすすめです!



【スカパー!】加入月は視聴料0円!加入料も不要!