おなかの赤ちゃんのために食べるものには気を使いたいですよね。

これだけは絶対に食べちゃダメというものはほとんどありませんが、赤ちゃんのためにも、自分の体のためにも、取り方には気を付けたいものはいくつかあります。

そこで今回は妊娠中に摂取を控えた方がいいものや食べる時に時に注意したいポイントについてまとめましたので、ぜひ参考にしてみて下さい。

妊娠中の食事

 

水銀

魚介類は食物連鎖によって自然界に存在する水銀をとりこみます。

水銀を含む魚を多量に摂取すると、胎児の発達に悪影響を与えることが明らかになっています。

厚生労働省では以下の魚について、妊娠中の摂取量の基準を定めています。

・ミナミマグロ(インドマグロ)、マカジキ、ユメカサゴ、キダイなど 

→ 1回に80g(刺身1人前)を週2回まで。

・キンメダイ、クロマグロ(本マグロ)、メカジキ、メバチ(メバチマグロ)など

→ 1回に80g(刺身1人前)を週1回まで。

 

無機ヒ素

ひじきなどに少量含まれている無機ヒ素は胎児に悪影響を与えます。

しかし乾燥重量で4.7g以上を継続して摂取しなければ、影響はないとされています。

 

ヨウ素

昆布などに含まれているヨウ素は、大量に摂取すると胎児の甲状腺機能低下を招く可能性があるとされています。取りすぎには注意が必要です。

 

食中毒

刺身、魚卵、生肉などには食中毒の原因になる菌が含まれているため、十分に加熱されていることを確認してから摂取しましょう。

 

リステリア菌

こちらはあまり知られていませんが、加熱殺菌していないナチュラルチーズにはリステリア菌という菌が存在する可能性があります。

妊娠中は感染しやすいため、十分に加熱する必要があります。

なお、プロセスチーズは加熱殺菌してあるため問題ありません。

 

アルコール

胎盤を通して赤ちゃんに届き、発育に悪影響を与えます。

妊娠中は絶対に禁酒です。洋酒入りのスイーツを食べる際にも注意が必要です。

この機会にパパも飲み会を控えめにして、ママといる時間を増やしましょう。

 

カフェイン

胎児はカフェインの排出がうまくできません。

そのため妊娠中のカフェイン摂取量は1日200mgまでに抑えましょう。
(通常カップいっぱいのコーヒーには120g程度のカフェインが含まれます。)

お茶類(麦茶はノンカフェイン)やコーラ、栄養ドリンクに多く含まれるので注意しましょう。

 

ビタミンA

体にいいと言われるビタミンの一種ですが、妊娠中にビタミンAを継続的に摂取し続けると、胎児に悪影響を与える可能性があります。

レバーやウナギ等に多く含まれており、食べる場合は1日50g程度にとどめましょう。

 

以上、妊娠中に控えるべき食事について書いてきましたが、大切なことはバランスよく食べるということです。

赤ちゃんのことを思うあまり体にいいと思うものだけを食べて、バランスが偏っては逆効果になってしまいます。

つわりで食べるのが大変な時以外は、1日3食バランスの取れた食事をとるように心がけ、母子ともに健康な妊娠生活を送りましょう。

 

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村