親族や友人、仕事仲間に赤ちゃんが産まれるとこちらも嬉しいものですよね。

お祝いをあげたいと思う方もたくさんいらっしゃると思います。
 
なるべくなら喜んでもらえるものを渡したい!と誰もが思うでしょう。


ですが何をあげたらいいのか悩んでしまいますよね。
 
そこで今回は実際に私がもらって嬉しかったもの、助かったものをご紹介します。

出産祝い


 

金額の相場

 
「渡すものは大体決まった!だけど金額はどうしよう…」と悩んでしまう方は多いはず。

筆者も友人に赤ちゃんが産まれた時に1番頭を悩ませたのはそこでした。

高すぎても気を遣わせてしまうし、逆に安すぎるとなんだか申し訳なく感じてしまうし……できることなら相手も自分も納得できる金額にしたいですよね。
 
  • 親戚…1〜3万円ほど
  • 友人…5千円〜1万円ほど
  • 会社関係…5千円〜1万円ほど
 
関係別の相場は上記の通りです。


友人でも親しい友人の場合は1万円ほどだったり、両親など近い親族は3万円以上だったりと、人によって金額は変わります。


また、友人同士や職場の仲間同士で数千円ずつお金を出し合い『一同から』という渡し方もあります。
 
この時1番気を付けたいのは相手から渡されるお祝い返し、『内祝い』です。


買わなければいけないものがたくさんあるなか、お返しとはいえ高額なものを受け取るのはこちらとしても少し気が引けてしまいますよね。

なるべくあまり負担にならないような金額でおさめると、お祝いをもらった方も安心すると思います。
 

もらって嬉しかったプレゼント

 

洋服(70〜80サイズ)

 
70〜80サイズでは大きいのでは!?」と思う方もいるかもしれません。


確かに新生児の衣類サイズは50〜60ともっと小さいので頂いたお洋服を着せてあげられるのは1歳頃〜になります。
 
ですが!実はママにはそれが嬉しいのです!


実際私の友人もすぐに着れるくらいのものがいいだろうと60サイズのパーカーをくれたのですが、長袖のものだったので時期もあまり合わず、実際に着れたのは本当に一瞬。

気付けばパツパツになっていました。
 
別の友人は80サイズのお洋服をくれたのですが、実は今それがとても重宝しています。

可愛いデザインだったので母親としても早く着せたくて仕方がなかったくらいです。
 
あげる側ももらう側も「早く着せたい!」「早く着ている姿を見たい!」と思いますよね。

なのでついついすぐ着れる小さなサイズのものを渡してしまうのですが、子供の成長は凄まじく、すぐに小さくなって着れなくなってしまいます。
 
せっかくあげるなら長く使ってもらいたい!と誰もが思うもの。


もしお洋服をあげるのであれば少し大きめのサイズをおすすめします!
 

おもちゃ

 
ベビー用のもの、幼児用のもの。お店に行くと今は可愛いおもちゃがいっぱい。


しかしどれも安いものではないですし、いざ買ってももし遊ばなかったら…とつい手を引っ込めてしまうことも。

赤ちゃんにももちろん個性はあるのでおもちゃを目の前にして頭を悩ませるママはきっと多いと思います。
 
今は赤ちゃんが口に入れても大丈夫なように作られているものが多く、お米でできた積み木やおもちゃが人気。

赤ちゃんはなんでも舐めて齧って確かめるので材料がお米だとママも安心です。
 
他にもあんよの練習に使う手押し車や空気で膨らますボールなど、大きくなっても遊べるものだと買い足す必要がなくなるのでもらう側も助かります♪
 
しかしここで気をつけたいのはおもちゃの大きさ。


赤ちゃんはなんでも口に入れるので小さなものだと誤って飲み込んでしまう可能性があります。

これくらいなら大丈夫だろうと思っていても無理やり口に入れたりするので、つみきも小さな形が入っていないものを選ぶとプレゼントする側も安心ですね。
 
他にもお風呂で使うおもちゃや、童謡が流れるおもちゃ等。


新生児のうちは遊べなくても大きくなってくれば子供たちは喜んで遊んでくれます。

「気に入ってもらえなかったのかな…」と不安にならず、気長に待っていてあげてくださいね♪

 

ベビーバスポンチョ

 
バスポンチョとは、ポンチョのように前で留めることのできるフード付きバスタオルのこと。

これがとても助かりました。
 
普通のバスタオルではダメなの?と思う方もいるかもしれません。


ダメ、というわけではないのです。

身体を拭くことができれば普通のタオルでもOKなのですが、そうもいかせてくれないのが子供というもの。


ハイハイや伝い歩きで自力で動けるようになった子供はじっとしてくれず、濡れたまま部屋に戻ったり、服を着せようにもなかなか捕まえられず…大人ほどの免疫力もないので風邪をひいて治ればまた引いての繰り返し。
 
ですがこのポンチョ型のバスタオルならボタンを留めてしまえば落ちてしまうこともなく、フードもついているので頭からすっぽり赤ちゃんの身体を包んであげられるのです!


バタバタ足を動かすようになりバスタオルを蹴ってしまう赤ちゃんも、ポンチョ型のものなら上半身だけでも包まれたままなので身体が冷えてしまうのを防いでくれます。
 
お風呂以外にも水遊びをした時などにも使えるので、子供が少し大きくなっても使えますし、2人目のお子さんにももちろん使えます。


重宝するアイテムの1つなので是非検討してみてください♪

 

 

育児用品

 
ミルクやおむつ等の育児用品はとても助かりました。


おむつはテープタイプのMサイズのおむつケーキを頂いたのですが、ちょうどサイズアップした時にとても助かりました。

Sではきつそうだし、でもMだとまだ大きいのかも…と悩むママはとても多いはず。

そんな時少し大きめのおむつがあるとすぐ試してみることができますよね!
 
可愛いバルーンやタオルがついているものもあるので、おむつを使い終わってもバルーンは飾ったりタオルは汗ふき等にできます。

キャラクターのものなど可愛いものがたくさんあるので、使うまではお部屋に飾っておくとママもつい嬉しくなるはず♪
 
しかし赤ちゃんの肌にも合うものと合わないものがありますので、おむつのメーカーにこだわっている方もいます。

それはミルクも同じ。


なのでもし育児用品を渡したい時は事前に相手に聞いてから購入すると、ママも安心して使えますよ。

 

 

現金・ギフト券

 
ベビーグッズももちろん助かりましたが、色々なお店で使えるギフト券等には後々とても助けられました。


使用期間が長ければ買い替えたかったグッズや離乳食関係のもの、ミルクやおむつ、スーパーでも使えるものなら食材を購入したりと用途は様々なので嬉しかったお祝いの1つ。
 
洋服などのベビーグッズに比べたら可愛げがないと思ってしまうかもしれませんが、そんな時は可愛らしい封筒などに入れて渡すとママもほっこりします♪
 
出産祝いの書き方、包み方にはマナーがありますので、初めてお渡しするという方はしっかり調べてから包むと安心ですね。
 

スタイ

 
スタイとはよだれかけのこと。赤ちゃんはよだれが多く、あっという間にびしょびしょになってしまい、1日に数回取り替えることもあるので枚数が必要。
 
私もスタイはたくさん頂きましたが本当に助かりました。

我が子はよだれはそこまで多くなかったのですが、ご飯を食べるようになってからの食べこぼしでよく洋服を汚してしまいました。


動物やキャラクターのデザインのものだと可愛いからかよく付けてくれるので今でもお世話になってます。
 
このようによだれ掛け以外にも、ミルクがこぼれてしまった時や食べこぼしからも洋服を守ってくれるので長く使えますし、多少大きくなってもふとした時に活躍してくれます。
 
キャラクターデザインはもちろん、今は洋服の一部に見えるようなデザインのものや、小さなマスコット付きのものもあるので選ぶのも楽しくなりますよ♪
 
特にマスコット付きのものは赤ちゃんが自分で遊んでいてくれるのでドライブ中や家事のために少し離れる時にとても助かりました!
 
布製のものではなくシリコン製のものも可愛いものはたくさん。すぐには使えませんが離乳食を始めてからとても助かるのでそちらもおすすめです。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。


この他にもベビーグッズはたくさんあります。

靴下や絵本、少し大きなものなら授乳クッションやぬいぐるみ等、お店に行くとたくさんのグッズが置いてあります。種類が様々なら喜ばれるプレゼントも様々。


今回の記事が少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

 

 

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村