出産祝いのお返しである、内祝い。

ギフトショップに行くと内祝い専用のカタログが置いてありますが、種類がたくさんあるのでどれがいいのか悩んでしまいますよね。

親族、友人、会社関係の方々など、全員同じものを渡した方がいいのか、それとも別々のものを渡した方がいいのか…考え出すとキリがないと思います。

 

そこで今回はおすすめのお返しまとめ、また私が送ったものをご紹介します!

内祝い

内祝いを贈るタイミング

内祝いはいつ贈ってもよいというわけではなく、赤ちゃんが生まれてから1〜2ヶ月以内に贈るのがマナー。

出産祝いを頂いたタイミングにもよりますが、2ヶ月以内にお返しを贈りましょう。

 

しかし赤ちゃん生まれてからはお世話に追われたりと、慣れないことばかりでなかなか時間がとれないこともあります。

2ヶ月というマナーを絶対守ろうとするとママもパパも大変です。

そんな時は早めに頂いた方でも少し遅めに頂いた方でもまとめて全員に贈るのが負担は少ないと思います。

 

この場合、早めに頂いた方はお待たせしてしまっているので一言メッセージカードを添えると印象も良いですね。

 

もしお祝いを頂いた方が喪中だった場合は、四十九日が過ぎるのを待ってからにしましょう。

贈る際は熨斗に『祝』の文字を使わず、『御礼』などを使うのが無難です。

 

お返しの相場

内祝いの相場は、頂いた額の1/3〜半分程度

目上の方には1/3ほど、その他の方々には半分程度

 

しかしなかには、両親や祖父母などの近い親族、仲の良い友人からお返しはいらないと言われることもあります。

そういうわけには…とこちらは思ってしまいますが、無理に贈ってしまうとかえって気を遣わせてしまうことも。

 

そんな時はメッセージカードで感謝の気持ちを伝えましょう。

ギフトショップによっては赤ちゃんの写真付きプロフィールを作ってくれるので一緒に贈ってあげるのも◎。

私も利用させていただきましたが、遠くにいてなかなか赤ちゃんと会えない両親や祖父母が喜んでくれました!

 

お返しを選ぶポイント

写真や名前入りのものは使ったらなくなる消えものにしましょう。

よく赤ちゃんの写真がプリントされたマグカップをカタログ内でも見かけますが、割れ物ということもあり、友人や職場関係の方々にとっては取り扱いに困ってしまいます。

マグカップや写真入りの時計など、残る物に関しては両親や親しい親戚だけに送るようにしましょう。

 

しかし名前入りのギフトは素敵だから是非贈りたい、と思う方もいると思います。

そんな時はお菓子やスイーツなどの食べ物が◎。

見た目も可愛いものが多く、もらった方も家族とシェアできるのでおすすめですよ♪

 

赤ちゃんの写真を入れたい時はメッセージカードに入れましょう。

食べ物でも品物に写真が入っているとなんとなく手が出しづらくなってしまう方もいるはず。

カステラやクッキーなどお菓子にも色々な種類がありますが、名入り程度におさめておきましょう。

 

また職場など連名で頂いた場合は個包装のお菓子等がおすすめです。

バウムクーヘンなど切り分けるお菓子も多々ありますが、職場によっては切り分けられない環境の所もあるはず。

負担にならず皆様に喜んでもらえるものを選ぶと受け取った相手も嬉しいですね。

 

お返しのおすすめ

食べ物

やはり食べ物は定番。

クッキーやチョコレート、シフォンケーキやカステラなど種類はさまざま。

お菓子以外にも紅茶やコーヒー、ジュースなど飲み物も今は多くあります。

可愛らしいデザインのものもあるので選んでいるうちに自分が欲しくなってしまいますね♪

 

甘いものに限らず、うどんや丸餅、お米なども今は人気です。

紅白のうどんと丸餅で縁起のいいお披露目もできますし、木箱に赤ちゃんの名前を印刷できるものもあります。

 

様々な種類のお米の詰め合わせは1つが2合分なので多すぎず、色々なお米を楽しめます。

それぞれを包んでいるカラフルな風呂敷も可愛いので見た目も綺麗ですよ!

他にも赤ちゃんの出生体重と同じ重さのお米をギフトとして送ることもできます。

こちらは両親やおじいちゃんおばあちゃんなど、仲の良い親族におすすめです。

 

実用品

食べ物と並んで定番なのが石鹸や洗剤などの実用品。

普段買わないようなちょっとオシャレな石鹸や可愛らしい容器に入った洗剤は女性に喜ばれやすいでしょう。

石鹸類以外にも電子レンジ対応の容器セットなどのキッチングッズやタンブラー、入浴剤の詰め合わせなども人気です。

特に電子レンジ対応のものは一人暮らしの方や、主婦の方にも嬉しいですよね。

キャラクターがデザインされたものも多くあるのでお子さんがいるご家庭にも喜ばれると思います♪

 

その他、よく選ばれるのはタオルギフト。

ふわふわした生地のものや吸水性の高いものなど種類も豊富。

シンプルなデザインから可愛らしいデザインのものまであるので男性と女性で柄を分けてもいいですね。

 

私が内祝いに渡したものも実用品で、持ち運びできるタンブラーでした。

保温も保冷もできるタイプのもので、親族と友人、全員に同じものを贈りました。

特に出掛けることが多い祖父母や、会社に勤めている友人達は「道中飲めるし、好きなものを入れられる」ととても喜んでもらえました♪

食器

小鉢セットやプレートセット、先程もあげた電子レンジ対応容器など。

少し高くて手が出しづらいキャラクターデザインのものを頂くととても嬉しいですよね。

セットのものなら色違いで同じ大きさの食器が揃うので家族が増えた時や、来客時などにも使えるのでとても重宝します。

 

他にも有田焼など有名な焼き物のセットもあります。

縁起の良い赤富士や桜もみじがデザインされたマグカップや湯呑みのセットは、祖父母など、親しい方向け。

綺麗なマグカップ等は記念品として飾っておいても部屋を華やかにしてくれるでしょう。

 

グラスや専用のタンブラー、おちょこ等は男性にも喜ばれるアイテム。

伏せると富士山が現れるデザインのものは縁起も良いですし、食器棚にしまっておいても美しいですね。

その他、琉球ガラスや津軽びいどろ等は見た目も綺麗ですので女性でも嬉しくなりますし、お客様にお出ししても喜んでいただけるでしょう。

カタログギフト

品物の種類がたくさんあってもやはり何をあげたら喜んでくれるのか、本当にこれで大丈夫だろうかと心配になる方も多いと思います。

そんな時はカタログギフトを贈るのも一つの手です。

 

カタログギフトとは、そのカタログの中から好きなものを選んで注文し、後日その品物を受け取ることができます。

お金はこちらが払っているので相手はカタログの中から欲しい商品を選ぶだけ。

料金によってはカタログ内の商品の数やグレードは多少異なりますが、比較的安いものでも十分種類は豊富ですし、キャラクターグッズ専門のカタログもあるので見ているだけでも楽しいと思います♪

 

なかには商品だけでなく、温泉ギフトや、エステなどの体験が選べるものもあるので若い方からご年配の方にも◎。

 

いかがでしたでしょうか。

ざっくりと書いてしまいましたが、本当に種類は豊富です。

ギフトショップだけでなくベビー用品店などにもカタログは置いてありますので、1冊だけを見て決めるのではなく、2〜3冊見比べて決めるのもいいと思います。

 

出来ることなら贈る方々全員に喜んでもらいたいもの。

是非皆さんも参考にしてみてください。

 

 

出産祝いのおすすめはこちら


 

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村