結婚という大イベントを終え、次にやってくるのは妊娠・出産という女性にとっては大仕事。

これまでは『自分の体のことは自分が一番わかってる』『健康診断でも引っ掛かったことはないから大丈夫!』と思っていた方も、お腹に新しい命が宿ると赤ちゃんの健康を一番に気にすると思います。
 
自然分娩で産みたいけどもし帝王切開や何か問題があったら…
妊娠中に何かは病気にかかってしまったら、見つかったら…


そう不安になる方も多いはず。
 
また、『別に入らなくても大丈夫、今のところ保険は考えていない』という方も保険に入った方がいい理由を知っておくと、少し考えが変わるかもしれません。

 
今回は妊婦さんでも入れる保険や、入るタイミング等をまとめました。

保険

何故保険に入った方がいいの?

通院回数も多く、ママにとっては大仕事の妊娠・出産。多くの女性が経験するものですが、妊娠と出産には誰もが加入している健康保険がききません。


妊婦検診費用、出産費用だけでも大きなお金がかかり、出産費用に関しては病院や出産方法にもよりますが、自然分娩だった場合でも平均30万〜50万程だといわれています。
 
正常分娩である場合、医療費は自己負担。


帝王切開であっても、医療機関を通すので医療費の負担は減りますが、ある程度の金額は自己負担となります。
 
自然分娩で正常に出産した場合、個人で加入している保険の対象外となるため給付金は支払われません。

妊娠から出産までの間、身体に問題が発生しなければ保険の必要性はないことになります。

これは女性保険に加入していても、そうでなくても同じこと。

しかし正常に産めるか、自然分娩を希望していても果たしてその通りになるかはその時になってみないとわからないのが出産です。
 
妊婦検診の中で子宮筋腫などが見つかることも少なくありません。


また、流産や早産による手術や入院、帝王切開による出産となった場合、これらの医療費を全て負担するとなると高額になってしまうことも。
 
病気に関する給付金の支払いはあったとしても、妊娠・出産に関する給付金の支払いがない保険もあります。

妊婦さんが保険の加入を考えるのはこうしたリスクを減らすためです。
 

保険に入る、入れるタイミング

妊娠を機に女性保険への加入を考える女性は少なくありません。


妊婦さんの保険加入を受け付けている保険会社はいくつかありますが、申し込む際の一定条件が決まっていることが多いです。
 
一般的に妊娠してから医療保険に加入できる期間のリミットは妊娠27週目までといわれており、28週目以降になると加入を断られることも。


そのため保険加入を考えている方は、妊娠がわかったら出来るだけ早い段階で加入した方が◎。
 
しかしそうはいっても何があるかわからないのが妊娠・出産。


それまではなんともなかったのに突然異常が見つかったりすることも少なくありませんし、週数が進むにつれて不安になってくる妊婦さんも多いはず。
 
そんな方に教えたいのが28週目以降でも加入できる保険会社さんです。


テレビのCMでもよく見掛けるライフネット生命さんは妊娠週数に制限がなく、いつでも加入することができます。

 

www.lifenet-seimei.co.jp

 
その他にも妊娠10ヶ月までの保険加入が可能な保険会社さんもありますので、27週目を過ぎてしまった妊婦さんでもまだ加入することは可能です。


ですが加入することはできるといっても条件はあります。


保険会社さんによってその内容はさまざまですので、しっかり調べることをおすすめします。
 
ですが「保険のことはよくわからない」「どこがいいのかわからない」と思う方も多いですよね。

それを理由に加入を諦めてしまう方や、また別の機会にと先延ばしにしてしまう方も少なくありません。
 
そんな方におすすめしたいのがFP(ファイナンシャルプランナー)さん。


補償内容もよく、お得な保険を教えてくれたりと自分に合った保険会社さんを紹介してくれます。
 
相談も無料で、全国対応。


加入手続き、その後の見直しや解約もお任せできるので、保険のことがよくわからない方でも安心ですね!
 

妊娠中に入れる女性保険

妊娠中は検診や出産費用だけでなく、赤ちゃんを迎えるための準備など、様々な費用がかかります。そのため出来るだけ保険料は安く抑えたいと思う方も多いでしょう。
 
女性保険の中には、妊娠中でも加入することができる他、低価格で保障内容が充実しているものもあります。

なかには自然分娩や帝王切開の保障がついているものもあるので出産を控える妊婦さんには嬉しい保険ですね♪
 
他には、妊娠・出産だけでなく病気の保障がついている保険もあります。


特に身体が変化しやすい妊娠中。23ヶ月ではなく10ヶ月、その不安定な時期は続きます。

病気に関しての保障がついていることは出産前の妊婦さんにはとても心強い内容です。
 

妊婦の場合の保障内容

妊娠中に加入できる保険内容は、妊娠や出産中に起こる可能性のある、様々な事柄に対する保障が充実しているものが多いです。
 
一般的な保険は妊娠中の加入が出来ず、出来たとしても加入時の妊娠に関しては保険対象外となり、次回から適用ということもあります。


また、正常分娩の場合の入院費は保険対象外もなることも。
 
しかし女性保険の中には異常分娩での保障だけでなく、正常分娩であった場合の入院も対象となるものがあります。


ですがその場合、妊娠する前の加入が条件であることが多いので注意が必要です。
 
また、異常分娩の際、一般的な医療保険でも給付金が支払われることもあります。


しかし数多くのケースがあるため、中には保険対象外となってしまうことも。

しかし女性保険の場合、様々なケースに対して給付金が支払われるものが多いようです。
 
 

 

いかがでしたでしょうか。


簡単に短くまとめてしまったのでまだまだわからないことが多いかもしれません。

どこの保険会社さんがいいのか、どんな保障内容のものが自分にいいのか、数多くある保険の中から旦那様やファイナンシャルプランナーさんとご相談しつつ決められると、妊婦さんも安心できると思います。
 
「自分は健康だったから出産も大丈夫」と思わず、色々なケースがあることも覚えておいてください。
どんな出産になるかは誰にもわかりません。


ですが安全に赤ちゃんを産みたいのは皆同じ。


もしも何かあったら、その後の生活が大変になったら、と不安になることがないように。どんな保険があるのか等、なんとなく見てみるだけでも違うと思います。
 
安心して、ゆったりしたマタニティライフを過ごせますように。


少しでもこの記事が皆様の参考になれば幸いです。

 

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村