逆子だと難産になるとよく聞くので、不安になる方も多いと思います。


今回は、逆子になる原因や、胎児への影響などについてご紹介します。

逆子

 

逆子になる原因

妊娠中期までは胎児の体が小さく、羊水の中を自由に動き回るので、逆子になっていることも多いです。


私も検診エコー写真を見比べてみましたが、たしかに何度か向きが変わっていました。


なので、例えこの時期に逆子だったとしても、28週頃には自然と戻ることがほとんどです。


逆子のままになる原因は、胎盤の位置が子宮口に近いか、低い位置にあるなどの胎盤の異常が関係することがあります。


また、子宮自体の異常も影響したり、母体の骨盤自体が小さいことも原因となるそうです。


他にも、赤ちゃんが小さい場合は、妊娠後期になっても子宮内で回転して、逆子状態になることがあります。


また、双子以上の場合は、どちらか片方の赤ちゃんが逆子になっているケースが多いようです。
 

胎児への影響

一番気になると思う赤ちゃんへの影響ですが、成長に関しては影響がありません。


しかし、逆子のまま出産を迎える場合には、分娩時のリスクがあります。


逆子のままで自然分娩を行うと、産道に足・腕・肩などが引っかかって、出産までに時間がかかる可能性があります。


出産に時間がかかると、頭部がいつまでも出ない状態になり、低酸素状態になることで仮死状態や後遺症を引き起こす可能性が出るそうです。


そうならないために、自然分娩ではなく帝王切開での出産となるケースが多いのです。
 

逆子になったときの対処法

調べてみるといくつか対処法はありましたが、逆子を自分で治すことは難しいそうです。


妊娠後期になれば自然に治っていくことがほとんどなので、それほど気にしなくてもいいのです。


しかし、それでも気になるという方のためにいくつかご紹介します。
 

①逆子体操

骨盤を緩めることで子宮の中を広くし、赤ちゃんが自分で動きやすい状態にすることで、向きを治すものです。
やり方については下記動画で分かりやすく紹介していますので参考にしてみてください。
 
“ベビチューブbabytube”

www.youtube.com

 

②ツボ押し

逆子に効くツボに効く、「三陰交」と「至陰」の2つを押す方法です。


こちらも妊娠後期に行います。
三陰交

三陰交

内側くるぶしの頂点から手の指4本分ふくらはぎ側にあるツボです。

このツボは逆子治療だけでなく、生理痛や更年期障害にも効果があります。
至陰

 

至陰


こちらは足の小指外側側面にあるツボです。


ここを刺激することにより分泌されるホルモンが、子宮の動きを活発化して、赤ちゃんの動きを促進してくれます。

③外回転術

この方法は自分でやるものではなく、お医者さんや助産師が妊婦のお腹に手を添えて、外から赤ちゃんを回転させる方法です。


しかし、通っている産婦人科によってはやっていない可能性もあるので、事前に問い合わせておくと良いでしょう。

④逆子は治さずに、帝王切開で出産

無理に治そうとせずに経過を観察し、それでも正産期近くまで逆子が治らない場合は、帝王切開での出産になる可能性があります。


仮に自然分娩を希望する場合でも、いざという時に帝王切開に切り替えられることもあるのです。


手術は約1時間なので短時間で済みますが、傷の治りの関係で、自然分娩に比べて入院日数が長くなります。


また、出産費用も自然分娩より高くなることは覚えておいた方がいいでしょう。
 

まとめ

ここまで逆子になる原因や、胎児への影響などについてご紹介しました。


仮に今逆子になっていても、妊娠後期には治ることが多いみたいですね。


逆子のままでの出産となるのは、約5%と低い確率なので、気にしすぎない方がいいでしょう。


逆子のままでも、赤ちゃんの成長には問題なく、出産も帝王切開できるので、ゆったり過ごすことをおすすめします。

 

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村