みなさんは自分のお子さんに英語を教えていますか?

最近はグローバル化が進んでいて、小学校から英語の授業があるぐらい、英語は身近な存在になりつつありますよね。

実際に、赤ちゃんの頃から英語を教えているというママも増えています。

あくまで母国語は日本語なので、日本語を覚えてから英語を教えたいというお母さんも多いと思いますが、赤ちゃんのうちだからこそのメリットが実はあるそうですよ。

今回は、赤ちゃんの英語学習について、時期や効果、学習ポイントや教材などをご紹介します。
 

赤ちゃん 英語

始める時期

赤ちゃんから勉強する人がいるとは言っても、いつぐらいから始めればいいのか迷いますよね。

英語学習を始める時期は、生後6~8カ月から始めるのがベストだそうです。

日本語すら話せない時期に始めるのは、少々意外な気がしますが、これにはちゃんと理由があるのです。

赤ちゃんは音の区別が大人よりも長けており、日本人の大人には難しい「L」と「R」の発音の区別が簡単にできるのだそうです。

アメリカでは、LRの区別は生後10カ月~生後1歳頃までに学ぶと言われているので、これらを考慮すると、それより前の生後6~8カ月頃から学習させることが大切になります。

英語を聞かせるだけでも十分な効果があるので、積極的に聞かせてあげましょう。

 

 効果や学習する際のポイント

始める時期でも少しお話しましたが、赤ちゃんは音の区別が大人よりも長けており、この時期に言語の脳が形成されます。

この効果を得るには、パパママの協力が必要不可欠です。

それは大好きなパパやママとスキンシップを取りながら学習することで、言語取得が促進されるからです。

ただ英語のCDを流すのではなく、パパママが一緒に発音したり、手遊びを入れながら学ぶことで、赤ちゃんが楽しいことだと感じ、言語習得の促進が期待されます。

また、日本語を学ぶ時と同じように、継続して学習することで成果が発揮されるため、遊び感覚で楽しく学ぶ工夫が大切です。

最後に忘れてはいけないのが、日本語を英語以上に力を入れて学習する機会を作ることです。

あくまで日本人として産まれたからには、主に使用するのは母国語である日本語です。

同時に教えて混乱しないか心配になるかもしれませんが、幼児期は多感で何でも吸収する時期なので、日本語も英語も同時に教えて問題ないようです。

脳が活性化している時期だからこそ、日本語・英語に力を入れて学習する環境を作りましょう。
 

おすすめ教材

赤ちゃん自身も楽しめるように、しまじろうやアンパンマンなどの人気キャラクターを用いた教材や、 NHK教育番組の英語教材などを選ぶといいでしょう。

赤ちゃんだけではないですが、好きなキャラクターが描かれていると、興味を持ちやすいですよね。

赤ちゃんの好みに合ったものを選ぶと良いでしょう。

また、スマホのアプリでも様々な教材があります。

ゲーム・音楽・絵本など、赤ちゃんが興味を持ちそうなテーマに絞って、親子で一緒にアプリをやるのも良いでしょう。

やはり続けるために一番大事なのは、楽しみながら学習できることです。

パパやママが子どもの頃のことを思い出してほしいのですが、習い事や勉強も、好きなことは得意になりやすいし、苦手なことはなかなか身に付かなかったのではないでしょうか。

赤ちゃんも同じです。

赤ちゃんが楽しめることを優先して、教材を選びましょう。

 

ちなみに筆者は子どもが3か月に満たないころからWorldwide kidsを始めました。

他の教材に比べてリーズナブルで、おもちゃや可愛い絵本が届くので、継続しやすくおすすめです。

紹介キャンペーンもやっているので、お得に始めたい方はぜひコメントください。

www.benesse.co.jp

 

まとめ

赤ちゃんの英語学習についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

最近は様々な教材があるので、赤ちゃんが楽しめて、家計に大きな負担がなく英語学習できるものを選びましょう。

あくまで「学習=楽しい」ものでないと続かないですし、学習スピードがかえって遅れることになるので、赤ちゃんが楽しめる工夫が必要です。

赤ちゃんは、パパやママと一緒に楽しめると興味を持ちやすいです。

赤ちゃんとコミュニケーションを取りながら、一緒に学習するようにしましょう。

 

いきなり教材を始めるのはちょっと…という方にはこちらがおすすめです。

 

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村