赤ちゃんのお世話をしていてよくあるトラブルといえば、おむつかぶれですよね。


今回は、おむつかぶれの原因と対策についてご紹介します。

f:id:mamarakuhyakka:20180915092006j:plain

おむつかぶれの症状

おむつかぶれの症状は、おむつが触れている部分にあらわれます。


主な症状は、肌が赤くなったりブツブツができたりすることですが、放っておくと、もっとひどい症状が出てきます。


ただれて汁が出てきたり、腫れて水ぶくれやミミズ腫れになることがあるため、おむつかぶれくらいすぐ直るだろうと軽く見るのはとても危険です。


症状が出たら病院に行き、治った後も適切なケアをして予防しましょう。
 

おむつかぶれの原因

おむつかぶれには、いくつか原因があります。
 

おむつのムレ

最も多い原因がこちらです。


おしっこやうんちをしたままのおむつや、汗をかいたおむつの中は、とてもムレています。


おむつがムレると赤ちゃんの肌はふやけてしまい、少しの摩擦でもダメージを受けてしまいます。

おしっこやうんちの刺激

おしっこやうんちをしたままのおつむを替えないと、おむつの中がムレるだけでなく、おしっこやうんちの刺激に耐えないといけなくなります。


おしっこやうんちは、尿素・酵素・細菌など、肌に刺激を与えるものを含んでいるので、ムレてふやけた肌にさらにダメージを与えてしまいます。

肌のこすれ 

赤ちゃんは、1日に何回もおしっこやうんちをしますよね。


ここでいう肌のこすれは、おしっこやうんちのたびに拭くことで起こるもののことです。


赤ちゃんの肌は繊細なので、清潔にするためにやっていることでも、刺激が強く感じることがあるのです。

おしりふきや洗剤に含まれる化学成分

本来おしりふきは低刺激のものがほとんどですが、敏感肌の赤ちゃんの場合、おしりふきに含まれる成分でかぶれることがあります。


また、布おむつの場合は、洗剤に使われている化学成分が刺激の原因になっていることもあるそうです。


パパやママが敏感肌の場合、その体質が遺伝している可能性もあります。

おむつの種類

最近の紙おむつはどのメーカーも、吸収性・通気性に優れた肌に優しい素材を使っているのですが、それでも敏感肌の赤ちゃんは、おむつの種類によっておむつかぶれを起こすことがあります。
 

対策方法

先ほどご紹介した原因に対する対策を順番にご紹介します。

おむつのムレ、おしっこやうんちの刺激

おむつのムレや、おしっこやうんちの刺激を防ぐには、こまめなおむつ替えが必要です。


また、布おむつの場合は、重ねづけをやめたり、おむつカバーを通気性のよいものに替えてみるなど、少しでも通気性を良くしてあげましょう。

肌のこすれ

摩擦による刺激を防ぐには、おしりふきよりも、水分をたっぷり含ませたコットンで、優しくおさえるように拭き取るといいでしょう。


理想的なのは、うんちやおしっこのたびに、ぬるま湯などのシャワーで洗い流してあげることです。


また、外出時にもスプレーやペットボトルの水を使えば代用できます。


おしりふきや洗剤に含まれる化学成分

メーカーによって成分が異なるので、おしりふきや洗剤を変えると、おむつかぶれが改善する可能性があります。


かぶれるものはすぐに使用を中止し、他の低刺激性のものに変えてみると良いでしょう。


あかちゃんの肌にやさいいおしりふきならグーンがおすすめです。

おむつの種類

おむつの種類を変えることで、おむつかぶれが改善するケースもあるので、一度おむつを変えて様子をみましょう。


また、サイズが赤ちゃんに合ってないと摩擦でかぶれることがあります。


あまり小さいサイズのものを使うと、足の付け根やウエストのゴムの部分にもおむつかぶれがおこるので、おむつのサイズを変えてあげましょう。
 
おむつかぶれの原因と対策についてご紹介しましたが、いかがでしたか?


症状が軽いうちは簡単な対策で改善できるので、ぜひ試してみてください。

 

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村