皆さんは赤ちゃんのおちんちんのケアをしていますか?

特にママはどうやっていいのかわからず、お風呂の時に軽く洗うだけで済ませてしまう方も多いのではないでしょうか?

おちんちんを清潔にしてあげないと、垢が溜まっていき、炎症が尿道まで広がることもあるのです。

今赤ちゃんのおちんちんを見てみてください。

先端が少しでも赤くなっていたら炎症を起こしている可能性があります。

また、日ごろからおちんちんの皮をむく練習をしておくことで、将来真性包茎(おちんちんの皮が常にかぶっている状態)になるリスクを低減することができます。

大切な赤ちゃんのおちんちんのトラブルを防ぐために、剥き方と洗い方について紹介いたします。

おちんちんの皮の洗い方

赤ちゃんのおちんちんを親指と人差し指で軽くつまみます。

そのまま皮をおちんちんの根元方向にやさしくずらしてあげます。

皮の剥けやすさは個人差がありますので、無理に引っ張らないように気を付けましょう。

軽く引っ張った時に皮が突っ張るところまでで構いません。

だいたい中学生くらいになると皮が最後まで剥けるようになりますから、最初は全然剥けないからといって心配する必要ありません。

皮を剥いた状態で、泡立てた石鹸を付け、やさしくなでるように洗います。

皮を剥いた中身はとても敏感なため、くれぐれもやさしく洗ってあげてください。

石鹸をお湯で流し、やわらかいタオルやガーゼなどで水分をふき取ってあげましょう。

 

洗う時はポンプ式の泡石鹸が圧倒的に便利です。両手で泡立てる必要がありませんし、ワンプッシュですぐ洗ってあげられます。

 

おむつを替える時も忘れずに!

お風呂の時だけおちんちんを洗うのではなく、おむつ替えのタイミングでも清潔にしてあげましょう。

おちんちんの皮を剥いてあげて、洗浄綿でやさしく拭いてあげるだけで十分です。

おしっこが付いたままの状態で放っておくと皮の先っぽが赤く炎症を起こすことがあるので、おしっこをするごとに忘れずに清潔にしてあげましょう。

 

使用する洗浄綿は水のみを使用した肌に優しいものを使用してください。

 

 

今回紹介した皮むきを子どもが自分でできるようになるまで、毎日やってあげましょう。

皮を定期的に伸ばしてあげないと、将来大きくなっても最後まで皮がむけず、陰茎を締め付けてしまい、亀頭が壊死してしまうこともあるそうです。

そんなことにならないためにも、日ごろから無理のない範囲で少しずつ行ってあげましょう。

 

 

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村