妊婦の方で今年の4月以降に産婦人科以外の病院にかかった人は明細を確認してみてください。

妊婦加算という項目があり、いくらか徴収されていると思います。

実はこれあまり知られていませんが、今年の4月から始まった妊婦加算という制度によって、医療費が加算されているのです。

今回はまだ認知されていない妊婦加算について書きたいと思います。

妊婦加算とは?

簡単にまとめるとこんな感じです。

  • 妊婦が外来を受診したときに、医療費3割負担の場合は初診で約230円、再診で約110円追加で支払う必要がある。(※産婦人科にかかる時は発生しません。)
  • 受診前に記入する問診票や問診などから妊娠しているかの確認をする。(妊娠しているか検査されるようなことはありません。)
  • 受診した後に妊娠していることが判明した場合は、加算されない。

なぜこのような制度が始まったのかというと、

妊婦さんを治療するときは、おなかの赤ちゃんに悪影響が出ないよう、治療方法や薬に細心の注意を払う必要があるため、その手間賃として請求する

ということなのです。

確かに妊娠中は普段の食事でさえ、赤ちゃんに影響を与えることがあるくらいなので、医者にとって妊婦さんを治療することは、とても難しいことは理解できます。

そう考えるとこの制度が始まることは多少仕方ないと思う気持ちもあります。

妊婦加算が始まったことによる懸念

妊婦加算の懸念として以下が挙げられます。

  • 妊婦加算を逃れるために、実際に妊娠していることを申告しない人が出ている。
  • 子どもを持つことに対して負担が増えるため、少子化に拍車がかかる

100円、200円くらいなら大したことないと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際にこのような人が出てきてしまっているようです。

薬によってはお腹の赤ちゃんに障害が出たり、流産の可能性が上がってしまうことがあり、加算される100円、200円を節約するために、このような選択をしてしまうことは絶対にあってはなりません。

なぜ少子化が進んでいるこのタイミングで、子供を産むことに負担をかけるような制度が、多くの人々に知らされないまま始まったかは理解できませんが、妊婦さんが受けられる補助はたくさんあります。

制度が始まってしまった以上しょうがないですから、受けられる補助はしっかりもらえるように勉強しておきましょう。

 

 もらえるお金についてはこちらにまとめています。

妊娠・出産でかかるお金、もらえるお金

 

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村