最近子供に人気の職業と言えばYoutuberですよね。

人気Youtuberの動画は世界中の人々に視聴され、子ども向けに作られた動画もたくさんあります。

しかし親世代からは子供にYoutubeを見せることに関して賛否両論あり話題になっています。

そこで今回はYoutube子供に見せる見せない問題について書きたいと思います。

Youtuberは子供に人気の職業だが…

最近、子どもがなりたい職業で上位にランクインするのがYoutuber。

世界中の人たちが撮影した動画を気軽にアップできるため、テレビでは見たことのないようなユニークな動画や、オリジナリティあふれる動画を無料で視聴することができるため非常に人気があります。

しかし面白いのが、親が子供になってほしくない職業ランキングでぶっちぎり1位になっているということ。親世代がYoutubeに対してあまりいいイメージを持っていないことが分かります。

Youtubeは子供に有害?

なぜ子供にYoutubeを見せることに反対する親が多いのか?

・子供の教育に悪い動画が多い

・動画ばかり見ていて他の事(勉強、手伝い)をしなくなる

などの理由が挙げられます。

確かに動画の中には暴力的な内容なアダルトな内容を含むものが多くあり、子どもに見せるのは問題があるかもしれません。また動画を見始めるとそれに関連する動画が表示される機能があるため、一度動画を見始めると夢中になってしまい、やるべきことをしなくなってしまうのは親にとってはデメリットかもしれません。

有効的に使うことで、育児の負担を軽くできる

使い方によっては子供に悪影響を与えかねないYoutubeですが、以下のポイントを押さえれば、親の自由な時間を作れるうえ、子どもも楽しめる便利なツールになります。

・動画を見る時間、場所を決める

・有害な動画を表示させない設定にする

1つ目はゲームなどにもよく言われることですが、時間と場所を決めることです。

例えば宿題が終わった後の1時間とか、車に乗っている間や病院やレストランなどの待ち時間の時は見ていいなどです。

このようにきっちりルールを決めることで、だらだらと動画を見ることを防げます。

2つ目は簡単に設定できます。

Youtubeのホーム画面右上にあるアカウントマークをクリック→

設定→

下の方に制限付きモードというタブがあるのでこれをオンにするだけです

 

賛否両論あるYoutubeですが、このように簡単な設定やルールを設けることで、親にとっても子どもにとってもとても便利なツールになります。

またYoutubeの動画から何かに興味を持ち、自分の好きなことを見つけることができるいい機会になるかもしれません。

子どもに有害になりそうなものをすべて排除し、疲れたりイライラしながら子供と接するくらいなら、Youtubeのように便利なものを取り入れて、自分の時間を持ちながらゆとりを持った育児をした方が子供のためにも良いのではないかと私は思います。

 

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村