皆さんはSIDSを知っていますか?

 

SIDS:乳幼児突然死症候群

それまで元気だった赤ちゃんが、何の予兆もなく、おもに睡眠時に突然死亡してしまうこと。

 

SIDSで毎年100人近くの赤ちゃんが亡くなっています。

 

それを聞くとパパママは余計赤ちゃんから目を離せなくなりますよね。


日中は赤ちゃんをずっと見ていることができますが、夜寝ている間はどうしても不安になってしまいます。


そんな悩みを抱えたパパママたちに強くお勧めするのが、ベビーセンサーです。


実際私は赤ちゃんを家に迎えてから、ベビーセンサーを使用していますが、夜寝ているときに呼吸が止まっていることを知らせるアラームが鳴ったことがあります。


もしベビーセンサーを使っていなかったら、それに気づかずに最悪の事態になっていたかと思うと、買って良かったと心から思いました。

 

私は今まで、おむつに付けるタイプとベッドの下に敷くタイプの2種類を使ってきましたので、それぞれの感想を書きたいと思います。

 ベビーセンサーとは

ベビーセンサーとは、赤ちゃんが寝ているとき、呼吸などのわずかな動きを検知して、数秒間動きがない時に、アラームやバイブで知らせてくれる装置のこと。


いろいろな種類があり、布団の下にセンサを敷くタイプやおむつに取り付けるタイプがあります。


ほとんどの産院で使用されているため、子育て中のパパママはご存知の方が多いと思います。


海外では自宅でセンサーを使用するのは一般的ですが、まだ日本ではあまり普及していないのが現状です。

実際に使用した感想

私は数あるベビーセンサーのうち、おむつに取り付けるタイプと、布団の下に敷くタイプのものを購入しました。


それぞれ使用した感想を書きたいと思います。

SNUZA HERO (スヌーザ・ヒーロー)

外観

スヌーザヒーロー

こちらは写真のように、おむつの前側を挟むように取り付るタイプです。


呼吸するときのおなかの動きを検知します。


特徴は何といってもそのサイズ。


手のひらサイズで携帯しやすく、わずか40グラム程度しかないため、おむつに付けても赤ちゃんが快適に眠ることができます。

センサー サイズ

センサー 重量

もちろん電池式(付属リチウム電池、3V、CR2(CR15270)型)でコードレスです。

センサー 電池

アラーム方法

  1. 15秒間お腹の動きが検知できないと、赤ちゃんに刺激を与えるために振動する
  2. 振動の後、5秒以内に赤ちゃんの動きが確認できないと、振動とアラームがなる

 

実際のバイブとアラーム音はこちらです。

https://twitter.com/i/status/1049170466663882752

感想

良い点

なんといっても小さくて軽量のため、お出かけする機会の多い方にはとも便利です。


また他のタイプに比べて比較的安いのもメリットです。

 

悪い点

私が使ってみて一番感じたのが、誤作動が多いことです。


つけ方が良くなかったのかも知れませんが、毎日のようにアラームが鳴り、不安で夜に寝れない事がよくありました。


またおむつに取り付けるため、おしっこやうんちの回数が多い新生児の頃は、毎回センサーを付け替える必要があるため、面倒くさいと思ってしまいました。

 

こちらの商品は値段が手頃で、使いやすいため、多くのママが使っているようです。


赤ちゃんが小さなうちは、センサが外れてしまったり、寝返りをするようになると、センサーがおなかの下にきて圧迫されてしまうという口コミも多いため、機能面を考えるとイマイチかもしれません。

 

Baby sense (ベビーセンス)

 外観

Baby sense

こちらは布団やマットレスの下に敷くタイプです。


センサーパッドを布団の下に敷いて、ケーブルでセンサ本体につなぎます。

センサー本体 センサーパッド

センサ本体 サイズ

センサーパッド サイズ

産院での使用実績が一番多いということだったので、これを選びました。


円形のセンサーパッドが2枚入っていて、ハイハイをするまでは1枚、ハイハイをし始めたら2枚にして検知する範囲を広げることができます。


センサー本体は電池式です(別売り単三電池4個使用)。

 

アラーム方法

赤ちゃんの動きが20秒間検知できなかった場合や、1分間に10回以下になった場合にアラームが鳴ります。


実際のアラーム音がこちらです。

https://twitter.com/i/status/1049170898064826368

感想

良い点

うちでは厚めのマットレス(7㎝程度)を使っていますが、その下に敷いてもきちんと検知してくれます。

マットレス 厚さ

またセンサーパッドの上から少しずれていても検知するので、寝相が悪い赤ちゃんにも使えます。


うちの子どもはまだ3か月でハイハイをしないため、リビングの布団と寝室のベッドでそれぞれ1個ずつ使用しています。

 

悪い点

センサーパッド式なのでおむつに取り付けるタイプに比べると持ち運びには向きません。


また、センサーの電源を消すのを忘れて赤ちゃんを布団からおろしてしまうと、アラームが鳴るので、消し忘れには気を付けましょう。


値段はおむつに取り付けるタイプに比べると高いです。

 

結論:おすすめはセンサーパッド式

私は最初 おむつに取り付ける、スヌーザ・ヒーローを使っていましたが、誤作動が多かったため、センサーパッド式のBaby sense 7に買い換えました。


こちらを使い始めてから誤作動もなく、夜も安心して寝ることができているので満足しています。


赤ちゃんの命を守るのもですか、せっかく買うのであれば、多少値段が高くても、誤作動が少なく、実績のあるものをおすすめします。


皆さんも是非この機会に検討してみてください。

 

 

こちらから購入できます。(画像をクリック)

スヌーザ・ヒーロー(おむつに取り付けるタイプ)

 

Baby sense(センサーパッドタイプ)

 

 

 

寝かしつけにお困りの方はこちら↓

赤ちゃんの泣き止ませ方について書きました

 

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村