みなさんはご自宅の駐車場にカーポート設置していますか?

カーポートをつけるメリットはたくさんあります。

思いつくだけでも、

  • 雨の時に濡れずに車の乗降ができる
  • 日光による車の劣化を防ぐ
  • 車に雪が積もらないので、雪かきの必要がない
  • 冬の霜対策になる

などがありますよね。

私もアパートに住んでいたときは、冬の朝仕事に行く時に車の霜が溶けるまでエアコンをかけて待たなければならず、また雨の日にたくさん買い物をしたときは、荷物を降ろすときにずぶ濡れになり、カーポートがあったらなーと思っていました。

しかしいざ家を建てるとなると、想像以上にお金がかかり、カーポートにかけるお金がなかったため、付けることができませんでした…

 

そして家を建ててから半年たったある日、カーポートの営業マンがやってきました。

今回はその時の話を書きます。

 

 

カーポートの営業マンがやってきた

家を建ててから半年たった先日、茶髪の明るいお兄さんが、カーポートの営業にやってきました。

話を聞くと、駐車場にカーポートを設置して、その天板にソーラーパネルを付けませんか?とのこと。

  • モニターとして宣伝に使いたいから格安価格で付けられる
  • 浮いた電気代でローンを組んだと考えれば実質タダでカーポートを付けられる

というので、これは付けない理由がないと思いました。

またちょうどその数日前に台風が来た時に、雷で1時間程度の停電になり、3か月の赤ちゃんがいるのにクーラーをつけることも、ミルクのお湯も沸かすことができなかったので、非常時にも電気が使えるソーラーパネルはとても魅力的に感じました。

(実際そのとき屋根にソーラーをつけていた隣の家は、家の照明がついていました。)

その時訪問してきたのは営業担当だったため、後日設計担当が詳しく説明しに来てくれることに。

 設計担当訪問

そして数日後、設計担当の方が来ました。

その方の説明では、

  • YKK AP製のカーポートを設置する
  • その天板にカナディアンソーラー製のソーラーパネルを設置する

とのこと。

YKK APのカーポートはもちろんソーラーパネルを乗せることを前提に作っていませんから、パネルの重さで屋根がつぶれてしまうのでは?と心配になったので聞いてみましたが、もともと50cmの降雪に耐えられる仕様だから問題ないとのこと。

また50cm以内の降雪でつぶれた際はYKK APから補償が出るとのこと。

「ソーラーパネルを乗せることを前提に作っていないのに壊れたら補償してくれるなんてことあるか?」と思いましたが、大丈夫と言い張るので、その日は駐車場の寸法を測ってもらい、後日図面を作ってもらってから判断することにしました。

まさかの展開に…

そしてまた後日、同じ設計担当の人が図面を持ってやってきました。

そして説明されたのが、うちの駐車場が標準より広いため、標準サイズのカーポートが設置できない。

そのためワンサイズ大きいカーポートをその会社で加工して駐車場のサイズに合わせて作るとのこと。

「さすがにそれは強度的に大丈夫なのか?」と聞くと、「もともと頑丈なつくりだから問題ない。壊れてもメーカーの補償が出る」と言うのです。

それは納得できなかったので確認するようお願いすると、電話で確認してくれました。

相手の方の声が大きかったので、会話が丸聞こえだったのですが、補償について聞いているときに、

「特注で作った時にソーラーパネル載せて壊れたらメーカから補償出ますよね?」

「え、出ないけど?」

とはっきりと聞こえてきました。

やっぱり…と思いました。

メーカー側はもともとソーラーパネル載せるつもりで作っていないのに、勝手に改造された上にソーラーパネル載せてそれで壊れたら補償しますなんてありえない。

メーカーが安全性を保障してくれないなら付けませんと断りましたが、そのあとも、「実物を見れば作りの頑丈さが分かるので安心して使えます」、「壊れたらうちが補償出します」とかいろいろ言ってきましたが、全然納得できませんでした。

最終的には向こうの機嫌が悪くなり、人の家に上がっておいて「お邪魔しました」も言わずに帰っていきました。

その前から、3か月の赤ちゃんがいるのに平気でタバコ臭いスーツで来たり、出したお茶を何杯もガブガブ飲んだり、あまりいい印象ではありませんでしたが、この対応をみて呆れてしまいました。

 

何も考えずにお願いしていたら、大変なことになっていたので、不安に思ったことをちゃんと聞いておいてよかったなと思いました。

皆さんもこのような悪徳商法まがいの営業に引っかからないようお気をつけください。

 

オール電化の天敵である停電の一時的な備えとして、ポータブル電源がおすすめです。

こちらはコンセントに対応しているため、普段使用している電化製品を接続して使用できます。

 

 

しかし容量が限られているため、長期的な停電に備えたい方は、ソーラーパネルが安心です。

 

またカーポートを付けたい方は、安全面から単体で設置することを強くお勧めします。

我が家はまずは見積もりしたうえで、家計と相談して決めようと思います。

 

太陽光見積りサイトNo.1【ソーラーパートナーズ】

外溝工事のことなら【ロイヤルガーデン】

 

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村